【浪人して東大に合格!浪人編】各科目勉強のイメージがもてた!受かる自信に

出身高校 私立東海高校
合格大学 東京大学文科二類 早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科(センター利用) 早稲田大学法学部(センター利用) 早稲田大学国際教養学部(センター利用) 早稲田大学社会科学部(センター利用) 明治大学政治経済学部(センター利用)
不合格大学 現役時代: 東京大学文科三類 早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科(センター利用) 一橋大学経済学部(後期)

はじめに

前回(現役時代)はこちら

【浪人して東大に合格!現役時代編】勉強時間が足りず……受験失敗

時期ごとにやっていたこと

浪人時代

・模試の判定 夏河合A 夏駿台B 9月東進A 秋河合A 秋駿台B

・生活 6月頃から毎日朝九時から夜九時まで駿台に行っていました。一日の勉強時間は10時間弱だったと思います。

・各科目でやったこと

数学:前期はもう一度基礎固めを行ないました。後期は実践的な問題を解きつつ、過去問二五カ年分を解きました。東大の過去問を一通りといた後は、間違えた問題の復習と一橋大学の数学を解いていました。センター対策は過去問でスピードを上げる練習をしましたが、そこまで力は入れていませんでした。

英語:数学同様前期は基礎固めと単語の詰め込みを行ないました。夏頃に長文の練習として早慶の過去問を50問ほど解きました。後期に特に力を入れて対策したのはリスニングです。キムタツの東大対策シリーズを全て終えた後、CNNを聞いていました。

国語:現代文は現役時代の対策で十分だと思っていたので、夏休みと直前期に過去問を五年分ずつくらい解きました。古文・漢文は普通の問題を解きつつ、鉄緑会の問題集を一五年分ほど解き、解答の精度を高めることを意識しました。

社会:日本史、世界史共に前期から少しずつ過去問を解き、先生に添削してもらっていました。自らの勉強としては教科書を覚えることを重視しました。

ポイント

現役時代との違い

勉強すれば東大受かるじゃん!っていう謎テンションで毎日勉強していました。勉強時間が増え、各科目においてどのように勉強したら東大入試で点が取れるかというイメージが自分なりに持てたことで成績は確実に上昇しました。

合格のポイント

自分は結局一人では勉強できない人間だったので、塾に行って強制的に勉強する空間に自分を置きました。また、塾で友達と競いながら勉強したことで長い浪人生活も乗り切れました。勉強の内容面に関しては、やれば点が取れるようになる勉強と、やっても成績が伸びない勉強があると思っていて、いかに前者の勉強を行えるかということにあると思います。

運営

投稿者: 運営

運営アカウントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です